消防車輌・防災機器の販売から設備工事・保守まで。安全を明日へと繋ぐ企業〜株式会社出雲ポンプ〜

消防による立入検査とは

消防機関は、建物の消防設備や避難経路、その他防火管理状況等について、法令に基づいた立入検査を実施します。
立入検査とは、消防職員が商業施設や店舗、福祉施設、学校など多数の方が出入りする建物・施設(防火対象物:注1))を中心に、消防設備等が適正に維持管理されているか、消防関係の書類や防火管理体制が整っているかなどを検査するものです。
消防職員による立入検査後、『立入検査通知書』によって違反や指導をうけた場合、通知書に記載された内容について改善計画を提出し、期限を決めて対応する必要があります。
また、重大な違反が指摘された場合は、建物の所有者等に対し「警告」による行政指導や措置命令が発動される場合があります。さらに、重大で悪質な場合は違反対象物公表制度(注2)によって、自治体・消防本部のホームページで公表されます。


◇(注1)防火対象物:消防法施行令別表第1に掲げる防火対象物の区分、項別、用途等については次のリンクよりご確認ください。
リンク先:消防法施行令別表第1
◇(注2)違反対象物の公表制度について、また公表制度に係る各市町村・消防本部のホームページ(リンク集)については、総務省消防庁ホームページをご覧ください。
総務省消防庁ホームページ:
違反対象物公表制度┃総務省消防庁 (fdma.go.jp)

立入検査の流れ

おおまかな立入検査の流れです。

 STEP.1  事前通知  最寄りの消防署より立入検査の通知、日程調整
 STEP.2  立入検査  立入検査の実施
 STEP.3  検査結果の通知  立入検査通知書(検査の結果)の通知
 STEP.4  改善報告書の提出  検査結果に是正事項があれば、期日までに指摘内容を改善
する旨の報告書を提出

消防立入検査項目について

数多くの立入検査項目より、代表的な項目をご紹介します。

POINT.1  防火管理体制について確認
POINT.2  消防用設備等点検結果報告書をはじめ、各種消防関係書類の提出が
あるか、不備がないか
POINT.3  消火・避難訓練の実施状況
POINT.4  消防用設備(消火器や感知器等)設置状況
POINT.5  消防用設備(スプリンクラーや警報器、誘導灯)機能動作確認
 POINT.6   避難障害の有無 
 POINT.7  消防用設備等点検の実施状況

『立入検査通知書』が届いてお悩みの施主様、管理者様へ

このようなお悩みはありませんか?
□『立入検査通知書』が届いたが、どこへ問い合わせてよいかわからない
□対応方法がわからない
□とりあえず相談したい!!

弊社ではこのようなお問い合わせを頂くことが多数あります。
実績も豊富ですので、ご安心してお気軽にご相談ください。


                                                 HOMEへ